2017年06月08日

並んだ花


とても素敵な花壇

よく見ると
大きさだったり
背の高低だったり
咲き具合だったり
それぞれ個性がある

その中には
大きくもなく
小さくもなく
高くも低くもなく
どこにも
目立つことの無い
一輪だってある

咲いているんだよね
活きているんだよね

目を向けて
しっかり見てあげたら

それはそれは美しく
輝いているんだよね



6178818400_IMG_6184.JPG





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



posted by 岡田昌己 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日


母は強い
力強くそう語る

だって
男性といる時は
守ってもらう側を
演出できるけど

子どもといると
無条件で守る側に
なるんだよね
何も考えなくても
そう動いてる

だから母は強いよ

乳飲み子を抱え
そう話してくれる姿は
自信に溢れていた





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



posted by 岡田昌己 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

春と夏の間には


春夏秋冬
季節は移ろう

春の芽吹きを
楽しんで
新緑の季節が
やってくる

そう思ったのも
束の間
照りつける太陽は
一気に夏の様相を
見せ始める

よし!夏だ!
そう思う日もあるけれど
一足飛びに
夏はやって来ない

春と夏の間には
四季にはない
季節を経由する

梅雨

四季から五季へ
呼び名が変わる時は
来るのだろうか

でも北海道には
梅雨がないから
五季にはならないか・・・





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



posted by 岡田昌己 at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

首長族


部族の象徴なのかな
首の真鍮リング

これも文化なんだよね

真鍮の輪を
首に入れて
顎と鎖骨との間を
広げていくらしい

別に首が長くなってる
訳じゃないみたい

首長族なりの
美学がそこにあるんだろうな

所変われば
品変わる
とはこのことか

そういえば
細い女性が
好まれるのは
時代が裕福な証拠で
貧しい時代には
ふくよかな女性が
魅力的とされた
なんて話もあったな

首長族の写真を
見せてもらって
その時代背景が
文化に色濃く
影響を与えている

なんとなく
そんなことを考えた





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




posted by 岡田昌己 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

魚の餌


朝早くの公園

鯉に餌をやろうと
おじいさんが
パンの耳をちぎって
あげていた

すると
アヒルがどこかから
やってきて
鯉はいなくなってしまう

またその周りには
ハトが様子を窺っている

魚の餌やりも
楽じゃないな

おじいさんは
ぶつぶつ言いながら
場所を移って行く

それに合わせて
パンの耳を狙う
ハンター達も
移動していく

果たして
魚に餌をあげることは
できるのだろうか

おじいさんの
ハードボイルドな
ストーリーが
私の頭の中で勝手に
展開されていた




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




posted by 岡田昌己 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする