2018年03月03日

ルール


ルールは
守るためにある

ルールは
破るためにある

どちらが
ピンときますか?





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



posted by 岡田昌己 at 18:00| Comment(2) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
岡田さん
どちらもピンとくるような、こないような。
ルールは本来あるべき姿が失われ問題が発生するから、そこに戻すためにルールが設けられるのでしょうね。だとしたら、問題が続くようであれば守るためにあるのでしょうし、問題がなく元のさやに納まれば守る必要はなくなるでしょうね。
でも、何故ルールがあるのか忘れられて、いつの間にか「ルールを守る守らないだけのルール」になっているのが気になります。そんな時はルールは破るためにあるのでしょうね。
Posted by chappy at 2018年03月06日 12:51
chappyさん
「思い描いた姿を実現するために作る」のがルールだと思います。その思い描いた姿は、誰が?何を?どう導くために?となり、ルールそのものの意図によって、守るべきなのか、破るべきなのか、が決まるのだろうと思っています。
ルールそのものの正しさを問うことなく、chappyさんが書いているように、「ルールを守る守らないだけのルール」になっているルールも多いと思いますけどね。
ここまでが一般論的なルールのおはなし。

実はこのブログ、私自身に投げかけた質問でした。
自分の中には多くのルールが存在し、そのルールの意味を自分に問いかけた。そんなわかりにくいブログだったんです。すみません(笑)
Posted by 岡田昌己 at 2018年03月06日 20:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]