2017年12月30日

惰性で始めたタイトルの間


今年もやってみました。
終わってみれば、あっという間ではありましたが、
とても、とても無謀な挑戦だったと改めて思います。

@ タイトルの最初と最後の文字を同じにする
A タイトルの最初と最後の文字を毎日並べて1つのブログにする

この条件でタイトルを考え、毎日ブログを書いてきました。
いくら自分のモチベーションを保つためとはいえ、
1年間続けるのは結構苦しかったです。

以下が今年一年のタイトルです。
列の左にある ひらがな を縦に読むと1つのブログになります。
明日のブログは縦の ひらがな を文章にしたものとなっています。
どうぞ明日も引き続き読んで頂ければ幸いです。


毎年続けるこの挑戦。
これで何年目になるのでしょうか。

おそらく来年も1月1日から始まります。
今年ほど自分の首を絞めることなく、それでいてモチベーションを保てる
そんなお題を考えて来年一年挑戦したいと思います。

それでは1日早いですが、今年も1年ありがとうございました。
読んで頂ける皆様にとって素敵な1年になりますように。



く   雲をつかむような話に花が咲く
ら   ラビリンスから
や   山小屋
み   水鏡
と   トマト
さ   坂を転がる傘
む   無理に噛む
さ   逆さ
に   二度とないこの走りに
こ   降参したネコ
ご   ゴミ箱の最期
え   SOSを出す前
る   ルール
す   素敵なピース
な   菜花
は   春へ向かう木の葉
ま   まさに今
で   出来るまで
し   白い陽射し
こ   子どもの子
う   鱗を買う
の   残り物
う   ウルトラマンタロウ
み   緑の髪
に   日本語の表現力に
お   覚えた顔
も   戻らない靴紐
い   一致しない
は   春への余波
せ   制汗剤と汗
ま   まだ見ぬありのまま
た   漂う唄
た   旅人の思わぬ姿
く   クマの絵を描く
ほ   頬
し   資格取り消し
に   人参ぶら下げたのに
わ   割れる泡
が   我慢の性
み   緑の意味
ゆ   揺さぶる冬
だ   第三打
ね   眠いね
る   類別する
お   幼い顔
し   紳士の印
だ   段々畑と棚田
さ   逆立ちしてた朝
れ   レモン色は晴れ
か   感情おだやか
い   いつでもいい
さ   最後の道草
つ   続きを待つ
ぬ   ぬいぐるみは絹
け   計算だらけ
た   宝物だった
か   亀の背中
さ   さりげない補佐
の   のろまなの
な   並んだ花
み   見たこともないほどの手もみ
ゆ   ゆるやかな治癒
き   厳しいなと感じるとき
か   花壇の中
う   後ろに向かう
ひ   久しぶりに見た朝日
と   隣の人
も   もう反省するかも
な   涙の罠
め   目覚め
ら   ランドセルから
か   殻の中
に   似たような日に
き   気になる動き
か   貝殻の中
が   ガラスのように透ける肌
く   くすぐったく
も   もぞもぞしても
よ   夜もやるんだよ
う   後ろを確認しよう
の   残り物
せ   背中に汗
い   忙しい
ふ   普通の抱負
う   うつろう
そ   その行為こそ
よ   宵月夜
ぐ   グルーピング
ま   まだ先に見える山
ち   小さな町
き   希望の先
れ   レーズンが好きな彼
ぬ   濡れた犬
つ   つるつるのお札
ぼ   ぼろぼろのロボ
み   緑の街並
ひ   ひとりの日
と   遠くから聞こえる音
つ   ついに初
が   我慢することが
は   浜の母
ち   地球の位置
き   究極の域
れ   列をなす群れ
て   手を取り合って
か   かもしれない余暇
い   池の鯉
か   過疎化
い   彩りがいい
か   蚊の孵化
い   今はインディゴが藍
そ   空の嘘
い   忙しい
だ   誰のせいだ
さ   里の朝
く   空気を裂く
ら   ライトからレフトから
み   緑の波
ち   父親の価値
ら   ライバルだから
い   いろんな あい
う   後ろから追う
に   日本人に
な   なるほどな
が   ガラス張りでヨガ
る   留守に来る
せ   せーのっせ
つ   つぶれた靴
な   なぞの穴
の   延び延びの
え   絵手紙の見栄
い   いつもは気にならない
が   我慢することが
む   ムクドリが棲む
ら   ライバルから
さ   砂丘の朝
き   気になった常識
に   肉球に
ふ   不測の if
さ   さらさらした朝
の   残っているプライドとその証である角
し   紳士
だ   黙ってクリームソーダ
れ   レールを敷いたの誰
た   たこさんのメータ
ふ   ふふふ
じ   時間の舵
だ   団子がタダ
な   なりたいな
に   日常のまにまに
ま   まんまるな珠
け   けっこう毛だらけ
じ   時価の文字
と   所狭しと
さ   魚の餌
く   首長族
は   春と夏の間には
は   母
な   並んだ花
しょ   少女の笑顔が戻る場所
う   うずしおしずう
ぶ   ぶどうの粒々
い   急ぐとろくなこと無い
ず   ずたぼろの地図
れ   レインコートの彼
が   ガラクタとお宝を集める人の性
あ   ありがたいなあ
や   藪の中に光る蚊帳
め   面倒だけど手を抜いちゃダメ
か   重なり合う仲
き   規則的に並んだ地域
つ   次のコツ
ば   バカうまの蕎麦
た   大漁旗
か   喝采の中
こ   ころりんこ
と   飛び踊るスズメと
い   今現時点での差異
ま   まさしく今
み   ミサンガの意味
ら   ライバルから
い   いい日紫陽花
は   履かすオムツは
た   ただ暑かった
え   絵の具を買え
ず   ズル休みに非ず
へ   塀の向こうへ
ん   んんん
か   亀の背中
し   しるし
て   テーブルに寝そべって
い   井戸端会
く   草が咲く
だ   抱き枕と肌
れ   レモンの皮を絞れ
も   もう何年も
う   嘘偽り無きよう
た   タイミングよく飛び乗った
が   外観だけが
う   うまく考えよう
こ   子どもの横
と   とまと
な   なりゆきかな
く   雲の奥
そ   騒々しい磯
う   疑う
だ   大学はタダ
と   とっても?な意見を言う人
い   言い方の違い
う   生れてきそう
だ   ダイヤモンド持ってるんだ
か   貝⇒イカ⇒家系⇒イルカ⇒かすがい⇒田舎
ら   ライブ蔵
き   昨日の覚書
い   活かし合い
て   手を取って
み   緑の髪
た   垂れ下がった蔦
な   なんだかワクワクするな
が   我慢強いばあちゃんが
れ   レールの上の彼
は   ハサミの刃
か   かんざしなのか
こ   ここの倉庫
か   語り合おうか
ら   ラストから
み   耳
ら   ライトノベルだから
い   行き違い
な   涙の花
の   残りモノ
か   飾りスイカ
み   道の意味
ら   ラストの裏
い   いつから人のせい
か   過不足ないか
ら   ライアーパキラ
か   かろやかに登る坂
こ   子猫の子
な   流れる川魚
の   伸びる者
か   開花
だ   駄目だ
れ   礼節に触れ
に   二層式洗濯機に
き   基礎の域
い   いつもの問い
て   徹底して
も   もうもまだも
こ   ここは何処
た   旅の唄
え   えんぴつの絵
て   テーブルの角って
く   クォーク
れ   Let’s go , ore
な   なびく花となびかぬ花
い   いい出会い
そ   それって嘘
れ   レベルに慣れ
で   デートの日まで
も   森の友
た   ただそこにいた
え   N極とS極の声
ず   ずっと帰らず
か   叶う夢か叶わぬ夢か
わ   和と輪
る   類推する
こ   こそこそ隠れっこ
と   遠くと繋がる糸
う   海で歌う
た   大切なあなた
が   ガラスで怪我
う   うつくしそう
こ   転んで泥んこ
と   友達と
は   歯磨きは
な   何故かな
い   憩い
き   基礎省き
の   伸びしろだらけの
う   鬱蒼
み   みどりの波
た   たまたま通っただけだった
ゆ   ゆる〜い間違い、白湯
め   メロンの肌理
は   葉の羽
う   うまい!と言わせよう
つ   包まれつつ
つ   つんざくような圧
に   憎まれ口に
と   とどがつまると
き   基礎の巻
な   なめらかな砂
が   我慢のイガイガ
れ   レインコートの群れ
ゆ   ゆるやかな治癒
め   目と目
か   川の中
た   楽しかった
り   リスク管理
つ   つる草にも時が経つ
つ   つつましやかな生活
か   改札の外と中
わ   私の世話
り   利と理
ゆ   優美な露
く   首を長く
よ   喜ばしくない栄誉
に   似たような風景に
こ   この湖の底
の   飲み物
よ   よそよそしいよ
に   ニートに
も   もう少しかも
あ   アイウェア
の   喉元過ぎたの知らないの
よ   喜ぶよ
に   二度目に
も   森の友
あ   あったかケア
る   留守番をする
み   未曾有の意味
ち   地下へ続く道
し   商品へ向く足
る   涙腺ゆるゆる
べ   紅色の調べ
い   いつもとの違い
く   雲を描く
え   エコな家
に   ニヒルな兄
み   味覚音痴で無味
え   Lの上
る   流浪を渡る
と   トライアウト
き   基礎の基
に   二度目のチャンスに
ま   全くやる気ないまま
よ   夜風そよそよ
い   意味無い
し   渋柿美味し
ゆ   ゆったりの湯
め   目先の内輪もめ
と   友達のウィークポイント
う   失われた悪太郎
つ   通じる挨拶
つ   月並みないきさつ
と   滔々と
ま   まだら馬
ぼ   ボンボ
ろ   老の頃
し   しかめっ面の賑やかし
と   隣の里
あ   アウトドアとインドア
と   トライライト
の   伸び盛りの
こ   個の底
さ   最良の朝
ぬ   濡れ衣
と    友達と  
き   希望は再起
の   残り僅かの
た   たなびく旗
び   美薔薇
だ   惰性で始めたタイトルの間
ち   地球への旅立ち






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



posted by 岡田昌己 at 18:00| Comment(0) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]