2017年12月31日

地球への旅立ち


暗闇と寒さに
凍える砂浜で
紫虹の海に思い馳せ
瞬く星に我が身委ねる

押し出され
改札抜けた傘の波
行き交う人も滑らかに
幾何学模様の清風そよぐ

待ちきれぬ
蕾ひとつがはちきれて
開花急いだ桜道
雷雨に流る刹那の栄華

むらさきに
房の枝垂れた藤棚に
負けじと咲くは
花菖蒲いずれがあやめ
かきつばた

過去と今と未来は
絶えず変化していく

誰も疑うことなく
そうだと言う
だから聞いてみた

流れは
過去から未来なのか
未来から過去なのか

誰に聞いても
答えてくれない

それでも
絶えず変わる事
疑うことはない

昨日見た
夢はうつつにとき流れ
夢語りつつ変わりゆく世に

この世にも
あの世にもある道標
幾重に見えるときに迷いし

夢とうつつと幻と
あと残さぬときの旅立ち





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



posted by 岡田昌己 at 18:00| Comment(2) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
岡田さん
一年間お疲れ様でした。
タイトルの最初の文字を並べると、一年最後の締めになるのを知っていたので、どんなブログになっていくのか、全体のタイトルは何か、毎日楽しみにしていました。数ヶ月経った頃、毎日のタイトルに違和感を覚え、何故このタイトルなのだろう?と思っていましたが、半年ぐらい経ってやっと解った時には、岡田さんの遊び心と自分の鈍感さに笑ってしまいました。それなら来年はタイトルでしりとりやってくれない?なんて勝手な事考えてしまいました。

言葉とは面白いもので、来年とは「遠い時で特別」と感じて来ましたが、今日にとってはいつもの「明日」なんですね。
来年もよろしくお願いします。
明日もよろしくお願いします。
Posted by chappy at 2017年12月31日 19:19
chappyさん
こんにちは。
これを始めた当初はブログを続けるモチベーションを保つことが難しくて、なんとかブログを続けようと考えた苦肉の策でした。この縛りがあったからこそ今も続いていると思っています。
せっかくchappyさんから「タイトルしりとり」の案を頂きましたが、このコメントに気付くのが遅くて、もう既に数日ブログを書いてしまいました。もし覚えていたら来年は「タイトルしりとり」に挑戦するかもしれません。

昨日と今日と明日
過去と現在と未来
とても不思議な概念だと思います。

Posted by 岡田昌己 at 2018年01月05日 18:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]