2017年12月01日

基礎の基


1+1=2

そんなの計算の
基礎の基礎じゃん

確かにね

じゃあなんで
1+1=2
なのか説明できる?

実はこれ
東京大学の
入試問題だそうです

基礎のさらに
基礎を突き詰めると
本当の真実が
見えてくる

誰かが言ったから・・・
を鵜呑みにしていては

1+1=2は当たり前と
本質に迫ることを
放棄しているように
思えてならない

基礎の基に
焦点を当てた時だけ
見えてくる
何かがある気がする






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



posted by 岡田昌己 at 18:00| Comment(2) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
岡田さん
当たり前になっていることの元について考えては頭悩ます時があります。
なぜ「あ」なのか。
「あ」についての、ひらがなや漢字の語源は解るけれど、声から発する「あ」を何故その字をあてたのか。何事もなく「あ」が生まれる訳がなく、必ず何かきっかけがあると。
結果、なんだそんな事?と思えたとしても、もやもやしたものが消えて、しっかりと立てる気がするんですよね。
Posted by chappy at 2017年12月02日 12:26
chappyさん
そうですね、わかった気がして立てる気がしますよね。すごく理解が深まった気がする。
でもあとで思い返すと、「あれ?結局だれかが言っていることを調べて見つけただけで、わかった気になっただけじゃん。」と自分自身を笑うことが結構あります。
その見せかけのわかったをすり抜けて、本質に迫るのは大変だなぁと実感しています。
出来るなら「気がする」を通り越したいですね!
Posted by 岡田昌己 at 2017年12月04日 19:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]