2012年02月23日

ずっと前から


分厚い本

ぺらぺらっとページをめくる

読んでいる訳ではない

見ようとしてるのでもない

なんとなしに眺める


すると突然

剣士が現れた


DVC00440.JPG



「やっと出られたぜ!」

「結構待たされたなぁ!」

「なんだい、お前の格好は?」

ネクタイを締めた服装を不思議がっている

 ・・・・・・

「ここはどこだ?」

違和感を感じたらしい

察しがいいのだろう

自分が違和感の元であることにすぐに気付いたようだ

周りを物珍しそうに見回しながら

「いったいどれだけ閉じ込められていたんだ?」

独り言のようにつぶやいた





(ずっと前からでしょうね。)

そう答えておいた






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 岡田昌己 at 14:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

おもしろい

新しい世界に適応していくかな









Posted by 奈緒子 at 2012年02月24日 06:35
奈緒子さん

面白い・・・
この剣士、顔(面)は白い人種の方ですかね。(笑)

新たな世界に適応する剣士。
きっと剣は没収されるでしょうね。
Posted by 岡田昌己 at 2012年02月24日 19:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック