2011年12月01日

泥水の話


ペットボトルに入った
透き通った水
そこに泥を混ぜてみる


最初は透き通った水が
泥水を混ぜた途端に
濁りを見せ始める



先を見通すこともできず
光を反射することもせず
嘘のように元の透明感を放棄する


一度入った泥は
ペットボトルの中を
まるで怒りのように
所狭しと駆け巡る


荒れ狂う泥に
なんとかしようと
もがけばもがくほど
泥は勢いを増し
さらに混沌とする


万策尽き
もうダメか・・・
と何度も思う
まだ何か策はあるはずだ
と諦めきれない


何度も
何度も
繰り返す


やがて
ペットボトルを机に置き
途方にくれたかのように
泥水を眺める


泥水の勢いは少しずつ収まり
ペットボトルの底に沈殿を始める



どれほど時間が
経過したのだろうか



気付くと窓から射し込む光は
透き通った水に反射して
透明感をアピールするかのように輝いた


「眩しいよ!」

自然と水に声を掛けていた





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 岡田昌己 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。