2011年02月21日

ほっぺ


小僧くんが茶碗を新しく買った。

うさぎの絵の茶碗。

お気に入りらしく、私に自慢気に見せてくれた。

その時私はひらめいた。

「今度機会があったらやってみよう!」と。

その時の会話を思いだした。


「ごちそうさま〜」

「顔にごはんつぶが付いてるよ」

「どこ?」

(顔を触りながら)

「ついてないじゃん」

「そう?よく見てみなよ、ホッペに付いてるよ」

(鏡まで顔を見に走って行って)

「嘘つき!付いてない!」



「ほらっ」

茶碗の内側いっぱいに描かれた うさぎの顔 の絵。

うさぎのほっぺには食べ残しのごはんつぶが確かに残っていた。



「あっ・・・・、ホントだ」



それ以来、一度も茶碗にごはんつぶは残っていない。




posted by 岡田昌己 at 18:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ただ、率直に言うだけじゃないんだね


感性なのかな


素敵だなって思いました。
Posted by 奈緒子 at 2012年09月28日 06:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック