2011年01月20日

瞬間

山奥の湖のほとり

霧がたちこめ

視界を覆う

ぼんやりとして

すぐそこにあるボートも霞む




同じ風景の中にいるふたり





(こんな幻想的な美しい光景はみたことない)


(なんと薄気味悪いところだ、早く帰りたい)


「…………………」






ふたりの距離にかすかに変化がおきはじめた


「瞬間」






posted by 岡田昌己 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック