2010年12月28日

一輪の花


どこまでも続く

草原に立ち

素足になって歩き出す


ゆっくりと

  ゆっくりと

踏みしめながら歩き出す



     草のみどり

 草のにほい

足は草原に馴染み出す



どんどん どんどん

歩き続けると

足は草に染まりゆき

身体までも草に染まりゆく




沈む太陽を眺めた顔は

花のように

真っ赤な赤に染まる




     草原に咲く

一輪の花に
      
  なっていく





posted by 岡田昌己 at 18:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
詩人の岡田さん
今年一年 ありがとうございました。
詩人岡田さんに少しでも近づけるよう
アンドロメダ星人になれるよう
精進させて頂く所存です。
来年も 
アンドロメダ星人の
ご指導 ご鞭撻 ご支援のほど
よろしくお願い申し上げます。
Posted by 紫人 at 2010年12月30日 15:02
>紫人さん
数多くのコメントありがとうございました。
自分で詩人だとは思っていない私ですが・・・
来年も続く限り、書いて行きたいと思っています。
よろしくお願いします。
Posted by 岡田昌己 at 2010年12月31日 09:29
匂いって「におい」と「にほい」がある。ここはやっぱり「にほい」ですね
Posted by みかん at 2011年01月06日 23:35
>みかんさん
はい!ここでは「にほい」ですよね。
言葉に関する知識は全くない私ですが、「なんとなく・・・」ニュアンスの違いで使ってみました。
そんな所を汲みとってくれてありがとうございました。
Posted by 岡田昌己 at 2011年01月07日 08:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック