2010年12月24日

寝静まった頃に・・・


誰もが寝静まった時間

寒空の音もせず

秒針さえも聴こえない

時が止まっているかのような静寂





枕元にそっと砂時計を置く



真っ白な糸が正確に落ち

無音のまま時は流れはじめる



やがて糸は途切れ

時は止まり元の静寂に戻る



時を動かそうと

砂時計を逆にする

無音のまま時は流れはじめる

正確に糸は流れ

山をつくり

糸が切れると

時は止まる・・・




流れては

止まる・・・



流れては

止まる・・・



ずっと・・・

ずっと・・・


ただ、繰り返す






posted by 岡田昌己 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック