2019年03月24日

スタンドから


何も競技が
行われていない
競技場のスタンドに
ひとり腰掛け

何かを特別に
見る訳でなく
競技場を眺める

春の陽射しが
あたたかくて
いつの間にか
うとうとしてまう

大きな伸びをして
声を出すと
誰もいないスタンドは
想像以上に響くことに
とても驚く

ひとり
陽気を楽しむとは
もしかしたら
こういうことを
いうのかもしれない







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by 岡田昌己 at 18:00| Comment(0) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする