2017年06月05日

首長族


部族の象徴なのかな
首の真鍮リング

これも文化なんだよね

真鍮の輪を
首に入れて
顎と鎖骨との間を
広げていくらしい

別に首が長くなってる
訳じゃないみたい

首長族なりの
美学がそこにあるんだろうな

所変われば
品変わる
とはこのことか

そういえば
細い女性が
好まれるのは
時代が裕福な証拠で
貧しい時代には
ふくよかな女性が
魅力的とされた
なんて話もあったな

首長族の写真を
見せてもらって
その時代背景が
文化に色濃く
影響を与えている

なんとなく
そんなことを考えた





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




posted by 岡田昌己 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする