2016年02月25日

石橋を叩いて壊す


「石橋を叩いて渡る」

辞書を調べると
用心深く何度も確かめてから
物事を行うことの例え
と出てくる

もちろんそのことわざは
知っている上での話


もじって
「石橋を叩いて壊す」
なんて言い方を
聞いたことあるだろうか


意味は、
用心深く何度も確かめて
結局迷っているうちに
壊してしまうほどに慎重なこと
結局何もしないことの例え

私はそんな理解をしていた

ところが
「石橋を叩いて壊す」
の意味を

慎重になりすぎるくらいなら
わざと壊してしまい
渡らずに済むようにしてしまえ

そんな意味で
使っている人がいた

本来は造語であり
統一の見解はないけれど
ひとつの造語でも
意味の伝わり方は違う

安易にもじって
ことわざを使うことに
ちょっと反省した出来事だった





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



posted by 岡田昌己 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。