2015年10月05日

お母さんは楽しんでいる、ただ


大きな恐竜の像が
ある公園

あの恐竜動くからね!
襲われないようにね!

恐竜の像を見つけて
駆け出そうとする子どもに
母親がタイミングよく声かける

走り出す子どもの足が
一瞬にして止まる
えっ?
母親を見て
それでも遊びたくて
恐竜にむかって駆けていく

しばらくすると
わぁーーーん!
大きな泣き声がする
さっきの子どもだ

恐竜が動いて
食べられそうになったぁ〜〜〜
大真面目に怖がっている

その姿を見た母親は
腹を抱えて大笑い
動くわけないじゃん
ぎゃははははっとやっている

本気で怖かったんだよ
恐竜は本当に動いたんだよ
子どもにとってはね

この時の感情は
ずっと残り続ける
子どもが大人になっても

ずっと・・・





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



posted by 岡田昌己 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする