2015年09月11日

師匠に聞け


師匠!

花火を一番きれいに
見てもらうには
どうしたらいいですか?

ほぉお前も
そんなこと考えるようになったか
師匠は感慨深げに
弟子に向かって話し出す

花火はな
見てもらえてなんぼ

きれいに上がった花火を
見てもらえる喜びは
わしら花火師にしかわからん

そのためには
技術的なこともあるがな
どうにもならないのが天気じゃ

天気ですか?

あぁ
その中でも風がないのは
どうにもならん

ちょっとだけ
風がでてくれるのが
大切なんじゃ

まったく風が無くて
動かないとな
せっかくの花火が
煙で隠れてしまうんじゃ

少しだけ風が出て
ゆっくりでもいいから
煙が流れてくれると
花火が映えるんじゃ

精魂込めて作った花火が
煙に隠れて見えなかったら
悲しいじゃろ?

だからな
少しでいい
ゆっくりでいいから
風を吹かせて
流して欲しいんじゃ

ほんとうに
花火を輝かせるためにな






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

posted by 岡田昌己 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする