2011年09月07日

真っ暗の先に・・・


もうダメだ・・・

悲壮感を漂わせ
この世の終わりとばかりに
暗闇の世界に浸っている

(あなた、お先真っ暗ね・・・)
(何も見えやしないでしょ・・・)

どこからともなくそんな声が聞こえてくる。
「誰だ?」
辺りを見回すが誰もいない。

もう一度注意深く見回すと、
コーヒーカップで視線は止まった。
カップの上でちょこんと座る黒猫。
ただのコーヒーカップへ乗せる蓋だ。

DVC00457.jpg



続きを読む
posted by 岡田昌己 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする