2011年03月15日

不思議な森


森の中にどんどん入っていく。

木漏れ日の光る道。

うっそうとした葉が前を覆う道。

二つに分かれた道もあれば、

どこまで行っても似たような樹木が延々と続いている道もある。


そんな森を 今 確かに歩いている。


思い切り走って駆け抜けようと全力疾走してみる。

のんびり木の切り株に座って周りを眺めてみる。

高い木に登って遠くを見ようとしてみる。

険しい道をかき分けて道なき道を進んでみる。



そんな道を自分の好きなように森の中を進んでいく。

迷い込んだのか、それとも自ら進んで歩いているのか・・・

それすらわからないけれども、今 確かに歩いている。



後ろを振り返ると、ちゃんと歩いてきた道は見える。

でも、間違えたと思って戻ろうとすると何故だか戻れない。




そんな不思議な森の中。

ただ前に向かって、今 確かに歩いている。



posted by 岡田昌己 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする