2011年02月07日

感情玉


せちがらい世の中がずいぶんと続いている。
街中では喧騒が絶えず、人々は余裕がない。
それを山奥から遠巻きに見ている仙人がいた。

「もう、そろそろかのぉ」

つぶやいたかと思うと、
街の真ん中に突如として現れた。
驚いた街の人達は、またたく間に人だかりを作る。
それもそのはず、空中にいかにも仙人風情の老人が
ゆらゆらと浮いているのだから・・・

ころ合いを見計らった仙人は、街の人々にこう問いかけた。

「この中で幸せになりたいと思うものはおるか?」続きを読む
posted by 岡田昌己 at 22:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする