2010年12月21日

(編)猫の恩返し


子猫が道端で鳴いていた。

生後数ヶ月の子猫だ。

どこにでもいそうな三毛猫。

目はまんまるで人懐っこい笑顔をこちらに向ける。

思わず拾い上げていた。

名前は「ゆう」女の子。

それ以来ずっとうちに居座っていた。


続きを読む
posted by 岡田昌己 at 18:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 気の向くままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする